何のために信仰しているの その2

何のために信仰しているの その1の続きです。

年1回基準の教区感謝祭を3回も開くのですから、熱心な教区です。
平成21年9月15日号の南河内教区便りにM教区長の講話が載っていましたので転記しました。
お話が長いので2分しました。

(てにをはを私なりに修正してあります)
(項目は教区便りについていましたが一部変更しました。)
その1(前回分です)
1 悩み苦しみの解決が信仰の原点です(教区便り=何のために信仰している)
2 腰痛に効く畳作りの黄色い紐のお蔭(教区便り:宗祖さまの腰の紐)
3 お蔭を忘れずに何時までも報恩感謝の信心をする(教区便り:おかげを感謝し信仰を更に)
その2(本回分)
4 「私おらんかったやろ」の声が胸の中で響いた
5 本宗の弁天様は
6 実家は因縁の深い家
7 来し方を省みて
8 私の信仰のあり方(教区便り:弁天宗信者としての活動)

4 「私おらんかったやろ」の声が胸の中で響いた

4年ほど前の秋、竹生島に行ってきました。
偶然重なって琵琶湖の北の方にあるマキノプリンスホテルの割引券があったので行きました。
ところがマキノにつくと雨になりまして、初日は比叡山に行って、翌日は静ケ岳の方に行こうと思っていたのですが、一寸行きにくいと思っていたら、ホテルの前に桟橋があって、あれはなにと聞きますと竹生島に船が出ますが予約制で普通はないが、たまたま明日はマキノ町の行事で「歩けの会」があって迎えの船が来ていますと、それに乗りたいと切符を買いました。
翌日は小雨でしたが3大弁才天と言われている竹生島へ1度行ってみたいと思っていたので、念願かなって言ってきました。
素晴らしいところで心が洗われる思いがしました。
良かったなと思って帰ったのですがとはいいつつ、大和本部(現在の奈良県五条市如意寺のこと)とか冥応寺の本殿(如意寺は本堂といいます)に座ってお祈りをして心がスーッと落ち着くような気分、弁天様の膝元にいて安心というのは感じなかったのです。
結局のところ、観光地なんかなあというような思いをもって帰ってきました。
そんなときに言葉が胸にポンと響いてきたのです。
『わたしおらんかったやろ』とびっくりしました。
それを聞かせるためにわざわざホテルの割引券を与えて雨を降らせてマキノ町の「歩けの会」の船を用意して「行っておいで」と行って来たのです。
それで何を悟ったかというと「竹生島には、私はおらんかったやろ」と(ご宗祖様の声を)聞きました。
本当に涙が出るほどびっくりしました。

More
お運び水の章の法話から抜粋しました。

五行のお諭しの中でのもっと大事なお諭しは不平不満を思わずと言うことであるというお話しでした。

先祖の閼伽又は閼伽水(あかみず){(梵)arghaの音写。価値の意。功徳水(くどくすい)と訳す}を頂いて現在の自分があると言われています。(そうだそうです。)

お宗祖様は、人間は(悪)因縁があるからこの世に産まれてきた。
そして悪因縁をほどくために産まれてきたのです。
悪因縁を一生かけて消すのです。

弁天宗の信仰は、命の源に帰って悪因縁を消すのです。
自分の身の回りに起きてくる嫌なこと苦しいこと嫌いなことは悪因縁により生じてきた出来事です。
それを信仰の試練、行として受けとめて文句を言わず我慢することが悪因縁を消すことになるのですと仰いました。
悪因縁を受け入れず遮断することは悪因縁を含む上からの大きな命の流れを否定することです。
自分の心に不平不満を持って祈り・縋ることは、弁天様には通じません。
従って不平不満を心の隅に持っていては弁天宗の信仰ではないのです。
懺悔→感謝→忍耐=受容が(不平不満の解消=)喜び(幸せ)への道筋です。

お宗祖様は、
人間は因縁の化石。
神を信じてお運びを受けて頂く。
お運びは神様から頂く言葉のムチです。
(お運びでの話は)お返しします。そんなこと言われても出来ませんではだめです。
(お運びでのお話しに対して)そうでございました。私の考えは間違っていました。
お話しの通りさせて頂きますでなければいけない。
お運びでの言葉のムチに反論・反対せずに全部受け入れないさい
と仰った。

(五行のお諭し)
1 真心を常に忘るべからず。
2 慈悲愍みの心を養うべし
3 善根功徳の行を積むべし
4 感謝のまことを捧ぐべし
5 不平不満を思うべからず

真心はあるけど不平不満もあるというその真心は実は存在しないのです。
慈悲憐れもの心を持ち人に優しく思いやりがあるがいつも不平不満を心の隅に持っているのは慈悲愍みの心を養ってもいないし、育ててもいないのです。
人のため世のために善行をしているけどあれは何もしないあいつはダメだと心の思うまた不平不満を口に出す方は善根をしていることにならない。
有り難うございますと相手に感謝の言葉を吐くが、有り難いことはない、目障りだ。
邪魔だと相手に社会に不満を持っていることは本当の感謝はではないのです。

不平不満を思わずの対策として、心の思うことも間違いであるが、心の思ったとしたら、口に出さないことです。
口出さないように真言100反唱える。
それでも不平不満が心にあれば更に100反、200反………と唱える。
ご真言は心を変える不思議な力を持っています。

困ったことがあれば又は月々ご祈願し、星祭りもする。
新年、春秋の護摩祈願にも参加し、お百度も踏む、お加持もするが1度でも不平不満を口に出すとすべてがパーになる。
弁天様に聞いて貰えない。
自分は祈願したお百度を踏んだつもりでも元の木阿弥で弁天様からお陰を助けて頂けない。
不平不満の心を持ってお陰は頂けないのです。
自分の不平不満の心を口に出したことを反省懺悔し、不平不満の心を無くして自分の足らないところを弁天様にたすけて頂くという心構えが必要です。
お宗祖様は人間は因縁という首輪をはめて、宿命という鎖に繋がれている。
そして腹の中には貪瞋癡の3つの毒虫を飼っている。
その3匹の毒虫は不平不満という排泄物を腹に貯めている。
その排泄物が3年5年と貯まってくると苦労、災難、失敗、悩みごとといった悪業に変わる。
米が熟して味噌や醤油に別なものに変わるようにことを異熟といいます。
相手に対する不平不満が溜まり貯まって、今度は自分の災難、苦労、悩みとなって現れるのです。
不平不満を想わずと言う閂を外すと信仰で築きあげた現世来世で幸せになるための功徳が全部パーになっていますのです。
身体は衰えますが心は成長し続けるのです。
心を成長させるためにはありのままをありのままの姿で受け入れるのです。
この姿勢がこの継続が、この世に想いを残さず満足してせぬ境地に導いてくれるのです。

水のお諭しそのままの存在は私達の身体です。
草木の葉が落葉しますが、葉の付け根の細胞にアポトーシスという遺伝子があり秋冬になるとその遺伝子は別命なく自分の意志で葉っぱへの栄養素の補給をストップし、葉っぱを散らすのです。
私達の五臓六腑は何ら不平不満を言うことなく日夜働き、誰から指示されることなく黙々とその使命を実行し、人間という生き物を維持し支えているのです。
自分の任務を忠実に実行していますがそれが水のお諭しの実行です。
等といった法話がありました
おるおばあさんの因縁

19年礼拝経8講の中で聞きました因縁と因縁を悟るそして善根功徳を積む必要があることのお話です

2) 因縁

その他に良く「因縁」ということをいわれています。私達は、色んな事が起きてきます。良いことも起きてきますが悪いことも起きてきます。
それが必ず原因があてそうなているのやとお宗祖様は仰っています。原因があるから苦しいことがあるのや。原因の結果でそうなるのだ。ですから、身口意によって因縁の原因を作ることもできるし、因縁を解く功徳を積むこともできる。
私達は、どうして功徳を積むかということになります。

More
お宗祖さまが祈りで因縁を解いてくだる

平成21年7月号の都島教区便りの優谷壽男教区長さんの教区長挨拶文の中にお宗祖さまのお言葉が載っていましたので抽出しました。

ご宗祖様のお言葉としてうねび教区の前の教区長であります吉村さんが「宗祖と私」という本の中で残しておられますお言葉の中のお宗祖さまがこうおっしゃったというのですね。

それは『弁天宗の霊場にお参りになっただけで薄紙を剥ぐ如くでありますけれど、因縁が解けるように祈りをこめております』と仰ったそうです。

如意寺でも冥応寺でもお詣りになった時は、バスの時間が気になるからといってお祈りがおろそかになり、お百度を踏むのが忙しくなったりしないように心がけてくださいとも仰っておられます。
この霊験あらたかなご本尊の前に出させていただいたのだから大きなお徳、ちょっとは因縁を解いていただこうかなというふうなことであります。

私は、お宗祖さまが言われるように、この世に因縁解脱のために人身を受けたのだと思っております。
因縁解脱とは最終目標ですが大げさかもしれません。悪因縁を減らす解消ですね。
私が来世で、またごあの世の先祖様・将来の子孫が幸せになるために、少しでも善い事を行い、罪を懺悔し続ける必要があると思います。
しかし、悪因縁を作ることはできても、なかなか善根功徳を行って因縁を解消することは、なかなかできないのが現状ではないでしょうか。
世のため人のためにと善根を積んでも、怒ったり、悪口不平を言っては悪因縁を作り、善根功徳をパーにしていると思うのです。
(差し引きするとマイナス点が多いのではなかろうかということです。)
これでは悪因縁の解消は難しいなあと思っていましたところに「薄皮を剥ぐ」話を知りホッとしました。
お宗祖さまは今でも私たち信者を見守って下さっています。
従って、私は、吉村さんが「宗祖と私」で仰ったように、今でもお宗祖さまがお祈りしてくださっておられると思います。
善根功徳がなかなか積めなくても、聖地に行きご本尊さまを真剣にお祈りすれば、薄皮を剥ぐように因縁を解いていただけるのではないかなとこのごろ思うようになりました。
如意寺にお詣りししっかりお祈りすることが楽しくなりました。
お宗祖さま智辯尊女様は素晴らしいお方です。
日々のお言葉07 心の中に悪因を作らないように

霊地は心行一体とお宗祖様を過ごせる有り難い体験の場

19年1月6日(土)宗祖伝19講から抜粋しました。
6~8月の暑い時期の研修科の話です。
夕食の時になると1人、2人と食事を抜ける方が出ました。
理由は当時お供えのご飯を炊いたご飯に混ぜて夕食に出し、入寮の研修生が食べていたのですがどうしてもお供えしているご飯が傷み匂いがするのですね。
その傷んだ匂いの晩ご飯が出されるので、1人、2人と食事に来ない方が出てきたのです。
人間ですから100日間には色んなことが出てきます。
食堂のおばちゃんが、お宗祖様に私が一生懸命作ったご飯を食べない信者さんがいると申し上げたのです。
お宗祖様はみんなを集めて注意をしました。
実は梅木先生はご飯を食べていましたが、そこで梅木先生を名指しで注意しました。
梅木先生は食べているのに何で怒られるのかと腹が立ち、お宗祖様に、ご飯を食べてます。
食べてない方は外にいますと弁解しました。
お宗祖様はにっこり笑われて、分かっていますよとおっしゃり、でもあなたは、心の中でいやいや食べているでしょう。
しかも抜けて行く研修生はああ悪いな、こんなことしたら悪いな、しかし私はよう食べられないからといった済まないなという気持ちを持っています。
あんたはいやいやたべてるけれども、悪いと思ってないやろ。
だからご飯を食べてない人よりあんたが一番悪いとお宗祖様に叱られ、梅木先生は畳に額をこすりつけ申し訳ありませんでしたと謝られたそうです。
これはワシの遺言や何か機会があれば話してくれと梅木先生に言われたお運びの講師から聞いて皆さんにお話ししています。
この話は、信者訓戒の「心の中に悪因を作らないように」というお言葉の法話に私は使わしてもらっています。
お宗祖様の側にいれば、お宗祖様から直接ご指導いただけたり、お宗祖様の行動、お考えを見聞できるすばらしい出会いがあるのですね。
3食ともご飯にみそ汁だけという粗末な食事で、朝早くから起きて、夜遅くまで信者のために身を粉にして尽くされるお宗祖様を見て研修生は育っているのですね。
1日中お側で寝起きすればこそ分かることなのですよね。
昭和38年2月9日  大阪冥應寺お運びでのお宗祖様のお諭しNO2

(編集項目:ブログ者記)
NO1(前項略)
NO2 
14 石碑を建てた
15 素人に墓のことを聞かない
16 仏像が好きで仏像を買う人
17 H会長の拝んでいる龍の絵
18 Sさんの巳さんの絵
19 浪花先生が祀る
20 因縁を解くには
20 死んでない腹の子
21 10月(とつき)辯天様に祈って出産
22 40いくつで産んだ子
23 因縁は恐ろしいもの
24 お運びの由来
25 お運びの意義を理解して話を聞いてください。

More 続きを読む
昭和38年2月9日  大阪冥應寺お運びでのお宗祖様のお諭しNO1

(編集項目:ブログ者記)
NO1 
1 前言
2 お運びを受けても繰り返し不幸が来る人が中にいる
3 私の実母の里
4 廃止寺の材木とものをいわない子とものが十分言えない孫
5 (T石油)社長さんの奥さんの病気
6 Y製鉄の社長さん宅の因縁
7 因縁を解くのはお運びで学んだことを実行すること
8 人助けはきれいなこと
10 縁なき衆生は度し難し
11 私が恐ろしいと思った足の因縁の位牌の話
12 古い墓を作り直し総墓にした話
13 魂の入った石は、絶対に魂は抜けません。
NO2(次項略)

More 続きを読む
昭和33年1月17日発刊妙音新聞42号水のお諭し(11)

(編集項目:ブログ者記)※42号が間違ってダブっています。次号は44号です。
第3 善根功徳の行を積むべしNO2
1) 新年の挨拶
2) 元家主を供養した功徳で奥さんの持病が治る
3) み教えの言葉
4) 相手が喜ぶことをどしどし行う
5) 功徳となると思うことを勇気を出し行う
6) 功徳行には
7) 人助けの功徳行には苦労がつきもの(1)

More 続きを読む
by nohara4241 | 2008-01-20 10:15 | 水のお諭
昭和36年12月21日お運び席での宗祖様のお諭し

お断り:お宗祖様のお諭しのテープをお借りしました。耳鳴りの持病があり、完全には聞き取れませんでしたので私の解釈になります。項分けも私の主観です。

(編集項目:ブログ者記)
仏の因縁ほど怖いものはない

1 先代管長大森智祥さんの養子縁組
2 真ん中の祥ちゃんを吉井家の養子にする。
3 大森家の財産と供養に関する先代管長さんのお考え
4 養父大森慧海さんの事故と供養の悟り
5 悟り得た後のケガもない不思議な井戸の事故
6 仏の因縁ほど恐ろしいものはない

More 続きを読む
昭和31年8月7日発刊妙音新聞36号 水のお諭し(4)

(編集項目:ブログ者記)
第1 まごころを常に忘れるべからずNO2
1) 水の流れにそった生活が本当の生き方
2) 放蕩息子への財産分け
3) 放蕩息子への愛のまごころを切らさない

More 続きを読む
by nohara4241 | 2008-01-12 08:05 | 水のお諭