タグ:ご本尊さま ( 1 ) タグの人気記事

お言葉22 水の章10講から

18年8月26日(土) 水の章第10講 小竹祥善講師法話から転記しました。
故マザーテレサさんの施設で働いた日本人のお話の中で

信者訓戒に「(22)ご本尊様は何時でも何処でもあなたの背中についておられます」というお宗祖様のお言葉があります。

これは私達がご本尊様と繋がっている存在であるということを教えています。
このご本尊様は目で見ることはできません。
目で見ることができないなら心で見ます。
私が支部の感謝祭に行きましたとき、支部長さんが申し訳ありません端っこで祭壇が見えませんといわれましたが、目を閉じたらご本尊様は目の前におられるのです。
私達の目は視野があり見える範囲が限られています。
しかし目をつぶると視野に関係なく想像で見ることができます。
背中にいらっしゃるご本尊様は心の目でしか見えません。
これは心がないと見えないということになります。
慈悲も私達の心を育てないと慈悲も大きく成長しません。
相手を大事に大事に思う気持ちが、つまらない相手だと思っていたのにすばらしい方であるということが見えてきます。
人でなくてもつまらないものと思っていたものがすばらしい価値があることを発見することがあります。
相手を大事にし、優しくする心を磨きますと、相手の言葉遣い、顔の表情、態度動作の違いが見えてくるのです。
それは相手のことを思うという心が見せてくれるのです。
皆様方が掃除をされるとき、きれいにしようという心が有るからゴミが見えるのです。
きれいにしようという心がなければゴミがあっても見えません。
これと同じように私達は慈悲の心を育てますと、更に優しくしなくてはならない、大事にしなくてはならないところが見えてきて、優しくすることにより更に慈悲は大きく育つのです。
私達が学ぶこの優しさの原点は大慈大悲のご本尊様です。
目の前にいる方がイエスさまですといわれても私達はなかなかはいそうですといえないところがあります。
しかしその方の中にご本尊様だいらっしゃる。お宗祖様がいらっしゃる。
ご本尊様がお宗祖様が私のためになさったのだとすべてにご本尊様、お宗祖様を結びつけて考えることができると相手をもっともっと大事に優しくできるだろうなと思います。
そうして私達は慈悲の心を育てましょう。
[PR]