お言葉9 水の章から

お言葉9 水の章から

お言葉9「じっとしていて何が救われますか」に関するお話を18年10月22日(日)水の章14講 小竹講師講話の中から抜粋


お言葉9「じっとしていて何が救われますか」と水の章「波のない流れは汚れ取れざるなり(33)」との関係

流れとは漣などのように波が上下になっている状態です。
波のない流れは、上下が無く水面が横一線の平坦な状態です。
こうゆう横一線では汚れはとれないよといってるのです。
洗濯機の中に洗濯物を付けているだけでは汚れは落ちませんね。
動かすと汚れが取れますね。
これを言っています。
これは、辯天さんの教えで、心に波を作るということは高い心と低い心で波を作るのです。
辯天さんの教えでは低い心になれと言っていますから、高いところより低い心になり心の波を作るのです。次第に低くなりますね。
低い心になって何かをすることが辯天さん波の作り方なのです。
これにより汚れを取ってゆくのです。
波のない横一線の水面では行動することがないのですね。
ここでの行動は漣のことですが、別な言葉で言えば人のお役に立つという善根の動きがないということです。
この動きがないとそれに見合う喜びをつかむことができません。
この善根の行動がない荒っぽい言い方ですが「救われない」ということになります。
お宗祖様の信者訓戒のお言葉では、「じっとしていて何が救われますか」になりますね。

リンク
お言葉9 教区便り
お言葉9 宗務総長(感謝祭) 
[PR]