ヤフーブログのお百度行に関する話

ヤフーブログのお百度行に関する話

ヤフーのブログに『不思議と御陰』という名のブログに「医者から見離さた病気を治したい」で、『行作法(これはこのお寺のお坊さんが説明する方法と相違しますが、私はこれが本当の方法だと確信しています。
なぜなら、この方法は宗祖が直接愛弟子である大川先生に伝えた内容だからです。
ここに記載されている内容以外はお坊さんの説明に従ってください。)』
と弁天宗のお百度の話と子宮ガン、腸ガンのおまじないが載っていますご覧になって下さい。




如意寺で某先生に19年2月19日に確認しましたら次の通りでした。

1 聞いていないこと
① 革製品は始めて聞く、知らない
② 追い越し追い越されることはなるほどと思うが聞いたことがない
③ 回数が0になることはきいたことがない。

2 聞いていること
信者がお百度を踏む人と数取り棒台の間を横切ることは知っていた。できれば横切らない方がよい。数取り棒(台)と賽銭箱の間を通るようにしている。


ヤフーブログの内容
大半の病気は、医者の力により治癒する。
しかし、彼らの力をもってしても治癒しない病気も存在する。
医者から見離された家族を救いたいと思われる方は、『お百度行』を実施して見てください。
祈りが通じればきっと治癒するでしょう。
その昔、不治の病とされていた癌が治癒した方がたくさん居ると聞いております。
『お百度行』は、1回まわると、1度参拝したこととみなし、その願いをかなえるという弁財天女尊のお言葉に起因しています。

1.この行が行える場所・・・総本山宇賀山妙音院如意寺 〒637-0036 奈良県五條市野原西4-6-25
TEL0747-24-3951(代) と飛龍山冥應寺(弁天宗本部) 〒567-0073 大阪府茨木市西穂積町7-41
TEL072-622-6861(代) です。

2.行作法(これはこのお寺のお坊さんが説明する方法と相違しますが、私はこれが本当の方法だと確信しています。
なぜなら、この方法は宗祖が直接愛弟子である大川先生に伝えた内容だからです。
ここに記載されている内容以外はお坊さんの説明に従ってください。)
①袈裟と数珠を用意する。
②革製品を一切身にまとわない。
③お百度行の際には、絶対に他人を追い越してはいけないし、追い越されてもいけない。
これを行えばすべてはゼロに帰す。
(他人を思いはかり、他人とともに幸せになる。自分に不都合なことが起こってもすべて受け入れ感謝する。これにはきっとこんな意味があるのではないでしょうか。)
④行の途中を人に横切られた場合も、ゼロからの開始となる。
⑤御真言を唱えながら行を行う。
尚、③と④を防止する為には、なるべく人の居ない時間帯に行わざるを得ません。
両寺院には宿泊施設もありますので、それを利用なさるのが良いと思われます。

3.おまじない・・・これも大川先生から教えていただいた内容です。
①子宮癌・・・かまどの煤で止血するとよい。
②腸癌・・・・きゅうり1本の汁を飲んだ後、10分後にユキノシタ3枚の汁を飲む。

4.追記・・・この行を実施して救済されたからと言って、安心しないでください。
これによる救済は一時的なもので根本を解決しないと別の形でこのような『お障り』が発生します。
根本的に改善する為には中国古典にある陰徳を積み、悪因縁と相殺していくしかありません。ここのところはくれぐれもご留意ください。

如意寺で某先生に2月19日聞いた。
1 聞いていないこと
① 革製品は始めて聞く、知らない
② 追い越し追い越されることはなるほどと思うが聞いたことがない
③ 回数が0になることはきいたことがない。
2 聞いていること
信者がお百度を踏む人と数取り棒台の間を横切ることは知っていた。
できれば横切らない方がよい。
数取り棒(台)と賽銭箱の間を通るようにしている。

[PR]