東成教区相談役長岡彰子先生の講話

平成21年10月15日号茨木教区だよりに東成教区相談役の長岡彰子先生の弁天さんの信仰をどうしてやってきたかという講話が載っていましての転載しました。

私は宗祖霊顕75年祭後定年制で退任しました。
本日伺いますと本殿や信者会館のところまでに緑の茨木教区の旗がたくさん!立っていて本当にびっくりしました。
又これだけ多くの方が感謝祭にいらしてくださるのは、大勢の方が功徳を積まれて、うれしい事だと思います。
よく皆さんは与えられた中で奉仕をなさっていますがこの茨木教区の方々はどの方のお顔にも熱心に奉仕をされているお心遣いをなさっていると感じます。
私は40年の信仰歴があります。
宗祖霊顕75年祭を終えた後で、自分の75年を過ぎての体験談をさせていただきました。
そして今は1からの信仰の原点にかえってお導きをさせていただいています。
私は昭和9年4月9日生まれですが、4月17日に届け出をしてもらっています。
32歳の時に弁天様を知り、その後天啓の日が私の誕生日と重なるのを知りました。
私は昭和42年に熱心な叔父と叔母に導かれて入信しました。
その頃15歳の下の妹がイギリスに行くというので寝具屋をしてお金を妹に送金していました。
毎月、問屋と相談して売れ筋を探り、考え、自分でビラを作って新聞紙に入れたりして頑張ってまいりました。
人によってはここ一番という時にハッスルをして、他はぼうっとしている人もいますが私のところはそれどころではありませんでした。
人にはその人その人に合う仕事が与えられていて、ずっと結構な人はずっと結構であり、大変な人は大変ですが、自分が大変だからと嘆いても仕方が無いので一生懸命働きました。
そして毎日夜10時過ぎてから伝票を見て、その後本殿のます目(扉はしまっていますので左右の窓からでしょう)越しにご本尊さまを夫婦して拝んで帰っていました。
そんな時に、第1世管長様がやかんを持ってきてご宗祖様のところにお水を入れて差し上げる、またご宗祖様はずっとご祈祷をなさっていました。
それを拝見した後、ただ頼んでいたらいいと思っていたのではいけない、私たちもエンジンをかけないとダメだと知りました。
車の両輪を動かさなくてはと思い、私はお運びに直ぐ通い始め、1回目を終え、2回目の時におばあちゃんを呼びました。
家の中で起きる出来事や状態を皆で受け止めて助け合っていこう、家族全員で信仰しなくてはと思いました。
信仰も緩やかではダメで家族一丸となり、ご分身の屋敷作りが始まり、家族作り、環境作りに10年かかった女4代続いている家です。
女の強い家は楽ですが、結婚した時にその信条としたのは、親指=目上の人を立てる。
その親も一節折ると若い者も節を折って、家族円満になるでした。
私の子供時代、父は町内会長、市場の社長、母は2つの店の商売できりきり舞いでした。
私は10日には、学校を休んで手伝いをしていました。
そのお蔭で友人の手助けを受けてノート貸してもらって無事卒業をしました。
皆助け合いの精神でお互い小さい時から処世術を身につけました。
色んな人から教えられた事が山ほどあります。
森の宮の砲兵工廠がかってあったところは爆弾で多くの人が亡くなり、壊されたりしたところです。
その土地に巳さんがいるよと聞いていました。
白い巳さんを店の陳列で見たので、この家に巳さんがいるという事は心正しくないとバチが当たるといわれていました。
父も神道に入って祝詞の世界にいましたから、弁天様にご縁をいただいて、ご先祖様をきちんとお祀りし、土の災いの浄めもしました。
こうしたらいいのでは、ああなったらいいという事を素直にさせていただき喜びに出合い、手を合わせる感謝に気持で一杯でした。
そして自分が!という心が消えていきました。
加速の信仰というのは、女の人は遠慮して、家事を守って、弁天様におかげをいただいているよ、助けてもらっているよと家族に見せていき、家族に疎まれずに、ご縁をいただける。
この幸せをあなた達も繋いでよと伝えて行くのが大切です。
私はよく五行のお諭を述べて、その後に誓いますという心で弁天様に拝んで行きなさいと子供たちに言ってきました。
お経を唱えるのもですが思いをご本尊さまにしっかり語りなさい、願いが届くようにお祈りをするように共に伝えました。
皆さんに難しい信仰の形を伝えようとは思いませんが、お運びはどうかしてください。
あと私は、(日めくり式の日々のお言葉があります)お言葉をめくっていて『何をじっとしているのですか。じっとしては救われません』その言葉が出る時は人様をお導きする時と重なっています。
私自身は商売のどん底に落ちましたが、家族には尽くしました。
イギリスへ行く妹を家族全員で支援しましたが、その妹がユニクロの創業者になっています。
妹たちのいただいたお蔭で見せてもらって私のしてきた事が間違いなかったのだと見せていただきました。
私もですが、皆さんも85年祭に向けて自分の家族、親戚、お知り合いを1人でも多く導く!
その答えはあなた達でだしてください。
私はよくお嫁さんとお姑さんに台所に張っておいてねと、信仰を生かそうと思う時の言葉としてお渡しする物があります。
これは会社の社長さん達も欲しがるものですが、

その一言ではげまされ、
その一言で愛を持つ、
その一言で腹が立ち、
その一言でがっかりし、
その一言で泣かされる
ほんの一言で、不思議な大きな力を持つ
ほんの一言で、人は元気に立ち上げる

私がどん底の生涯を必死で這いあがったお話をさせていただきました。
皆さまありがとうございました。
[PR]
お祈りをする時の心・作法について

18年の礼拝経4講で聞いた話の抜粋です

「お言葉集成5集 85 祈りで養われる澄んだ心」を朗読された。

お宗祖様は何時も座っておられるが足が痛くないのか、トイレにも行かれないのかという信者の素朴な問に対してのお話し:
『足の痛さもトイレも忘れ去っています。不思議といえば不思議です。
何故かと言いますと、お百度を踏む時、ご本尊様の前でご祈祷をしている時、御神示をする時、私は無我境地になるのです。
何時でも私は一心です。そういう時には私というものがありません。
どうかお助け下さい。あの方をお救い下さいと一生懸命ご本尊様にお祈りをするその心がすべてなのです。
身も心も清らかで静かに正座しておれます。
心頭滅却すれば火もまた涼とおなじ境地だと思います。
このような無我の心でないとご本尊様の心に届かないと言うことです。
皆様がご本尊様にお祈りを捧げられる時はこの無我の境地でやって頂きたいのです。
ご本尊様のお知らせはあくまでも皆様のお祈り次第、信心次第です。』)

ご本尊様に、心を通わせる事です。
ご本尊様を敬いつつ自分の最高の気持ちを向けさせて頂くことが私たちのお勤めであると思います。
ご本尊様に心に敬いを持って、お祈りをなさることが大事であると思いますので実行して下さい。
折角お祈りをしますから、ご本尊様に届くようなお祈りして頂ければ結構です。
人間を越えた大きな力に敬いを持って生きると言うことが人間としての謙虚な生き方であると思います。
[PR]
お言葉14 教区便り

宗本部から11月の実践目標として示された日々のお言葉14が教区便りに載っていました。

日々のお言葉14 「実行しなさい、考えているだけではだめです」

実行ということを考える場合、実行そのものを問題とする前に、その「方向」をしっかり見定めておくことが大切である。
これを誤ると独りよがりの行為となり、目的とするものは得られないどころか他に迷惑を及ぼす。
私たちのお手本は、宗祖様である。
他のために尽くしきってこられた宗祖様の歩みに「方向」を定めよう。
これが定まれば後は文字通り、実行あるのみである。

More
[PR]
ご本尊さま礼拝時の心・作法について、

18年の礼拝経4講で聞いた話の抜粋です

「お言葉集成5集 85 祈りで養われる澄んだ心」を朗読された。

お宗祖様は何時も座っておられるが足が痛くないのか、トイレにも行かれないのかという信者の素朴な問に対してのお話し:
『足の痛さもトイレも忘れ去っています。
不思議といえば不思議です。
何故かと言いますと、お百度を踏む時、ご本尊様の前でご祈祷をしている時、御神示をする時、私は無我境地になるのです。
何時でも私は一心です。そういう時には私というものがありません。
どうかお助け下さい。
あの方をお救い下さいと一生懸命ご本尊様にお祈りをするその心がすべてなのです。
身も心も清らかで静かに正座しておれます。
心頭滅却すれば火もまた涼しとおなじ境地だと思います。
このような無我の心でないとご本尊様の心に届かないと言うことです。
皆様がご本尊様にお祈りを捧げられる時はこの無我の境地でやって頂きたいのです。
ご本尊様のお知らせはあくまでも皆様のお祈り次第、信心次第です。』)

ご本尊様に、心を通わせる事です。
ご本尊様を敬いつつ自分の最高の気持ちを向けさせて頂くことが私たちのお勤めであると思います。
ご本尊様に心に敬いを持って、お祈りをなさることが大事であると思いますので実行して下さい。
折角お祈りをしますから、ご本尊様に届くようなお祈りして頂ければ結構です。
人間を越えた大きな力に敬いを持って生きると言うことが人間としての謙虚な生き方であると思います。
[PR]
私の信仰についての考え方

前に投稿したお宗祖さまのお諭し 『真実の祈りをする人は最後に勝利する』に関してつぶやいたものです。

まだまだ信仰ついては分かりません。
今までの信仰体験で言える私の考えです。
弁天宗の教理の解釈では、小竹小善さん水の章の教えが一番理解しやすく実践できる教えであると思います。
私のお運び法話の水の章をご覧ください。

支部の感謝祭に参加して、信仰が大事だとお宗祖さまがいわれた。
子供のころおばあちゃん(母親かもしれません)に連れられ祠や神社の神仏に手を合わせていた。
大阪の空襲で焼夷弾を浴び、助からないと言われたが五条に出かけお宗祖さまに助けてくださいとお願いした。
あなたは子供のころ神仏に手を合わせたので弁天様が助けてあげると仰っていますと言われ九死一生を得られた。
その方は大阪で支部を作り教区長になられています。
講師の信仰が大事ですというお宗祖さまの言葉のたとえ話として話されました。
しかし、何が信仰か理解に苦しみました。

母親や祖母の言われるがままに手を合わせることですが信仰でしょうか。
私はその方に神仏を信じる、敬う心が備わっており、よい信者になると弁天様がお見通しになられたから御助けになられたと思うのです。
子供の信仰では、お宗祖さまの集会でのお諭として収録してあります。
おばあさんが、弁天様は偉い神さまだから、マンマンちゃんと手を合せて拝むのよと教えます。
子供は、さっき転んでけがをしたけどそんな偉い神さまだったら何故僕がけがをしないように助けてくれないのといわれ、ああ言えばこう言う手に負えないとおばあさんが言ったそうです。
この話をお宗祖さまが聞いて、弁天様は助けて下さいという人しか助けませんと言われています。
誤字脱字があり12月19日一部修正しました。

More
[PR]
真実の祈りをする人は最後に勝利する お宗祖さまのお諭し

平成21年9月15日号高田教区の高田だよりに「真実の祈りをする人は最後に勝利する」という題でお宗祖さまお諭しがありましたので転記しました。
文章の最後に「昭和42年宗祖尊女年頭のお言葉より」と後記がありました。
お宗祖さまは昭和42年2月15日に亡くなられ、年頭は病床にあったと思います。
お亡くなりに前の残された ご遺告を除いて、信者に残された最後のお諭しだと私は思います。

ご神示ばかり頼りにしているようでは、本当のおかげはもらえないのです。
本当の信仰に徹してまいりましたら、ご神示等問題ではない。
ご神示等を受けなくてもちゃんとご本尊さまがおみちびきくださる、そういう風になるはずでございます。
間違いございません。
それだけのお力をお示しくださいます。
このように信じていただく、これが信仰なのです。
右か左か迷って、ご神示をいただけないから困っている。
そして今まで大事に育ててきた自分の信仰までひびを入れるようなことになっている。
要するに迷っている。
これではいけません。
こういう方があるのじゃないですか。
善く反省して見てください。
自分は今の信仰を頼りなく思っていないだろうか、どうだろうかということです。
信仰ということは少なくとも信仰しておかげをいただくのだということは、自分の心の問題です。
誰がどうしたから、どこの誰々がこうしてくれないからどうのこうのということではなりません。
自分のご本尊さまのお導きを信じて、お祈りさせていただくのだ。信仰するのだ。行もするのだ。
そういうことでないといけないのでございます。
そういう方をご本尊さまはお見捨てになろうはずがございません。
そういう方が、例えば、右か左かということを決めなければならない事に直面した時には、きっと何かの方法で、行く先をお示しくださるはずでございます。
そういう方のお祈りはきっとご本尊さまに通じているからでございます。
真実の信仰をしてください。
フラフラしない信仰でございます。
誰になんと言われようと、迷わない固い信仰、これが本当の、真実の信仰、本当の祈りなのですね。
真実に祈りとは固く信じて祈ることです。
ご本尊さまのお力を誰に何と言われようと信じている。
これなのです。
他の人たちのように、困ったからといって他所へお伺いをたてに行く。
その時は、非常に楽におかげがあったように見えます。
右とか左とか何時までも苦しまなくて済むのですからね。
ですけど、迷わなかった人は、いつまでも解決がつかないで苦しい。
確かに苦しことだと思います。
他の人はとうの昔に右か左か決めてもらっているのに、自分はまだ決まらない。
そういうことだってあるでしょう。
しかし最後をごらんなさいと申し上げるのです。
きっとあなたが勝ちます。
その時はかえって真実であったがために苦しいでしょうが、最後の勝負は勝ちです。
間違いありません。
誰になんと言われようが、真実一路で(ご本尊さまに)通じてごらんなさい。
真実はまごころですから、これよりほかに強いものはないはずです。
[PR]
お宗祖さまが祈りで因縁を解いてくだる

平成21年7月号の都島教区便りの優谷壽男教区長さんの教区長挨拶文の中にお宗祖さまのお言葉が載っていましたので抽出しました。

ご宗祖様のお言葉としてうねび教区の前の教区長であります吉村さんが「宗祖と私」という本の中で残しておられますお言葉の中のお宗祖さまがこうおっしゃったというのですね。

それは『弁天宗の霊場にお参りになっただけで薄紙を剥ぐ如くでありますけれど、因縁が解けるように祈りをこめております』と仰ったそうです。

如意寺でも冥応寺でもお詣りになった時は、バスの時間が気になるからといってお祈りがおろそかになり、お百度を踏むのが忙しくなったりしないように心がけてくださいとも仰っておられます。
この霊験あらたかなご本尊の前に出させていただいたのだから大きなお徳、ちょっとは因縁を解いていただこうかなというふうなことであります。

私は、お宗祖さまが言われるように、この世に因縁解脱のために人身を受けたのだと思っております。
因縁解脱とは最終目標ですが大げさかもしれません。悪因縁を減らす解消ですね。
私が来世で、またごあの世の先祖様・将来の子孫が幸せになるために、少しでも善い事を行い、罪を懺悔し続ける必要があると思います。
しかし、悪因縁を作ることはできても、なかなか善根功徳を行って因縁を解消することは、なかなかできないのが現状ではないでしょうか。
世のため人のためにと善根を積んでも、怒ったり、悪口不平を言っては悪因縁を作り、善根功徳をパーにしていると思うのです。
(差し引きするとマイナス点が多いのではなかろうかということです。)
これでは悪因縁の解消は難しいなあと思っていましたところに「薄皮を剥ぐ」話を知りホッとしました。
お宗祖さまは今でも私たち信者を見守って下さっています。
従って、私は、吉村さんが「宗祖と私」で仰ったように、今でもお宗祖さまがお祈りしてくださっておられると思います。
善根功徳がなかなか積めなくても、聖地に行きご本尊さまを真剣にお祈りすれば、薄皮を剥ぐように因縁を解いていただけるのではないかなとこのごろ思うようになりました。
如意寺にお詣りししっかりお祈りすることが楽しくなりました。
お宗祖さま智辯尊女様は素晴らしいお方です。
[PR]
19年2月11日(日)宗祖伝21講 KH講師の法話
(編集項目:ブログ者)
1 連絡事項
2 聖地造営のため3護持団体の組織替え
3 茨木聖地造営委員会の設置
4 各施設未来図
5 丸善石油(合併し現コスモ)和田完二さんのエピソード
6 施設の寄進と信者奉仕のまこと行
7 建設資金とお宗祖様のお考え
8 当時の物価
9 国の弁天様奉祀の霊示と15童子寄進
10 永代経の寄進
11 資金
12 不水の地で水を得るエピソード
13 落慶法要
14 落慶法要でのご宗祖さまの真心のお言葉

More 続きを読む
[PR]
昭和38年2月9日  大阪冥應寺お運びでのお宗祖様のお諭しNO1

(編集項目:ブログ者記)
NO1 
1 前言
2 お運びを受けても繰り返し不幸が来る人が中にいる
3 私の実母の里
4 廃止寺の材木とものをいわない子とものが十分言えない孫
5 (T石油)社長さんの奥さんの病気
6 Y製鉄の社長さん宅の因縁
7 因縁を解くのはお運びで学んだことを実行すること
8 人助けはきれいなこと
10 縁なき衆生は度し難し
11 私が恐ろしいと思った足の因縁の位牌の話
12 古い墓を作り直し総墓にした話
13 魂の入った石は、絶対に魂は抜けません。
NO2(次項略)

More 続きを読む
[PR]
ヤフーブログのお百度行に関する話

ヤフーのブログに『不思議と御陰』という名のブログに「医者から見離さた病気を治したい」で、『行作法(これはこのお寺のお坊さんが説明する方法と相違しますが、私はこれが本当の方法だと確信しています。
なぜなら、この方法は宗祖が直接愛弟子である大川先生に伝えた内容だからです。
ここに記載されている内容以外はお坊さんの説明に従ってください。)』
と弁天宗のお百度の話と子宮ガン、腸ガンのおまじないが載っていますご覧になって下さい。

More 続きを読む
[PR]