タグ:弁天講 ( 3 ) タグの人気記事

御所教会の機関紙「幸真」昭和22年12月1日号から頂きました。

お宗祖様のお話では、故梅木先生は弁天さまがお前に2人の弟子を与えてやると言われ、与えられたお弟子さんの1人です。

故梅木先生回想録100からの続きです。
回想録80に戻ります。

しかし、今回のはここの家庭訪問であり、しかも闘争というかぶとをつけていないのが、私にとって何ともいえぬ楽しさを味わうことになった。
心からの真心を、個々の人たちに会って話し合える庶民的な喜び。
これが信仰ということの幸せなのだとしみじみ思った。
利害にかかわる駆け引きもなく、ほほえましい親切を、語り合える事が出来るのだから、こんな楽しい人間関係はほかにないだろう。
これこそ、この世の極楽というべきではないか、と思った。
こうして、講支部信者の間を一巡した私は、この次は講支部の運営について、私1人の力ではどうしようもないので、手足となって仕事を分担してもらえる世話人(班長)を作ろうと思った。
そしてひとまず地域的に人選した。
地域によって熱心な人が集まっているところもあり、熱心でなくともその地域に1人しかしない場合もあった。
だから平均して世話人を設置するため、1人のところも多いところも、地域に割って1人ずつ世話人を選んだ。
実数20軒の信者で10人の世話人を選んだ。
早速日を選んで世話人会を自宅で開いた。
弁天様から、福徳をいただけるお互いが寄り集まって講社を作り助け合いが出来る喜びを語りあった。
今後も弁天様に報恩感謝の実を挙げるとともに、利用信者ではなく、本当の信仰に進む人を皆で導いて行こうと話を決め、毎月その情報を持ち寄るために定例役員会を開くことを申し合わせた。
その親睦をはかるために、会席膳で夕食を共にした。
こうして毎月回を重ねて親睦をはかった。
そのお蔭で、世話人の導きで毎日私の家を訪ねてくる初信者がふえた。
私と妻が相談相手となって、入信させ、本部へ送り届けた。
[PR]
故梅木先生回想録100

御所教会の機関紙「幸真」昭和21年11月1日号から頂きました。

お宗祖様のお話では、故梅木先生は弁天さまがお前に2人の弟子を与えてやると言われ、与えられたお弟子さんの1人です。

故梅木先生回想録99の続きです。
回想録80に戻ります。

当時の弁天講は十輪寺弁天様の護持団体だった。
その頃はまだ弁天宗として立宗しておらず、真言宗十輪寺の本尊とともに併置して祀ってあった弁才天女尊を拝んでおられたので、この弁天様を護持する団体として弁天講が組織された。
各地の信者が地区ごとの集まって、講支部を造っていた。
この講支部が出来ると、講本部は尊女さまのお許しを得て、特別参拝券を交付した。
30軒に対して1枚の特別参拝券だった。
だから講支部員は月に1回この特別参拝券を持って、十輪寺にお参りして尊女のご神示を受けることができた。
これを受けないものは一般日にお詣りして、多数の中で抽選をして当たったものがご神示を受けることになっていた。
この特別参拝券は、講支部に与えられた特典だった。
しかし、南葛郡内は尊女ご母堂の生地だったので親戚も多く、そのつてを求めて一般日に詣る人が多く、講の必要性を感じないので入講しなかった。
私は、これではいけないと思った。
弁天さまや、尊女さまに報恩感謝の心を養う講の組織を広めねばならない。
組織を拡大するには導きをしなければならない。
尊女のお言葉の如く、導き育てることが功徳を積み、因縁を解いていただく道である。
どうすれば多くの導きをすることができるかと考えた。
導きは自分1人の力でできるものではない。
支部の信者の協力を得てこそできるのだ。
そのため支部の講員と親しくならなければならない。
私は早速講員の家を回ることにした。
講の掛け金や講の親睦の目的を説明することを口実に、1軒1軒回った。
自転車に乗って戸別訪問した。
大衆運動のリーダーとして、世間を駆け巡ってきた経験はあるが、その相手は諸官公庁だった。
[PR]
故梅木先生回想録99

御所教会の機関紙「幸真」昭和21年10月1日号から頂きました。

お宗祖様のお話では、故梅木先生は弁天さまがお前に2人の弟子を与えてやると言われ、与えられたお弟子さんの1人です。

故梅木先生回想録98からの続きです。
回想録80に戻ります。

高田講に入っていたと言われて私は驚いた。
私は高田講の講員ではない。
高田講が設立されたときに尊女から出席して見ませんかとお誘いを受けて出席しただけで、そこの講員になると言ったわけではなかった。
だからその後、高田講とは何の連絡もなかったし、参拝に利用する特別参拝券を使用したこともなかった。
それを高田講の講員だとは心外だと思った。
でも先方では、発会式に参加したので、入講したのだと思っているのだろう。
こちらは全くオブザーバーの立場で出席したのだが。
「とにかく1度高田講の講元にあって了解してもらいなさい」
ご院主さんの忠告で面会することにした。
会ってみると講元は大変良い方で「私はどうも思っていない。支部ができることは弁天さんにとって大変喜ばしい事です。
私は大賛成ですから大いに頑張ってください」
講元の真心溢れる激励の言葉に私はうれしかった。
講元はあんなよい人なのに、どうして承認中止の横槍が入ったのだろう。
ご院主さんの仰っていた某老女のしっとから、こんな工作をしたのではなかろうか。
その後まもなく、弁天講南葛支部が承認された。
昭和25年5月、弁天講理事会に出席するよう連絡を受けた。
支部長は全員、弁天講本部理事に就任することになっていた。
23番目の講元(支部長)だった。
場所は十輪寺庫裡の8畳の座敷、2間を開放して会場にあてられた。
正面床を背にしてご神代(尊女)ご院主、岸場、林、北野正副理事長以下、全理事(各支部長)出席して開催された。
この時新しく紹介された新理事は私と高野口支部長の松尾氏とであった。
[PR]