タグ:善根功徳 ( 21 ) タグの人気記事

平成22年2月のお言葉17「濁っている根本を清めて来なければ、自分は澄んできません」

平成22年1月15日の茨城教区便りから頂きました。
この教区の日々のお言葉は創作です。善いことが書いてありますので、毎月読んで、他の教区便りの日々のお言葉と比較しています。

アメリカの航空機でテロを未然に防ぐことが出来たというニュースがありました。
ホッとするニュースではありますが、何故こういうことが絶えることなく続くのかと思います。
実際人間の存在がこの世にあらわれて以来、争いがどこかで行われています。
報復に報復、恨みがさらに新たな恨みを重ねていて、一体元はなんだったか?分からないくらいになっています。
先日捕鯨関係の意見の相違で、日本と環境保護団体のオーストラリアの船との衝突騒ぎもあり互いに自分の主義主張をしています。
ほとんどすべての争いに見るのは、自分が悪くなくて相手が悪いからこういう事態に陥ったという主張です。
以前ガンジーの記念公園で見たものに、世界の大きな宗教のシンボルがすべて置かれて、周りに花が飾られていました。
彼は宗教や人種を超えて、世界の人々が仲良く争いをしない事をねがっていました。
すべてを受け入れて尊敬し、すべてを愛する姿勢を貫き、様々な悪の根本は自分自身の心から発している。
相手が悪いのではないという思いを持ち続けていました。
そこに今回のお言葉が示すことと重なるように感じます。

濁っている根本は自分の心では?!と。
その自分の心を先ず清めるために、善根功徳を積み、又感謝のここをを忘れることなく、神仏を祀り、世のため、人のために何か手伝いができることがあればさせていただく、目上の人や親への孝を積む等私達の心を清らかにできることを、まず自分の方から求めて探して、一歩踏み出そうと教えてくれたいます。

お言葉17 教区便りにリンクしています。
[PR]
日々のお言葉17が教区便りに載っていましたです。

日々のお言葉17 「濁っている根本を清めて来なければ、自分は澄んできません」

教区便りの説明
激動の1年が終わり、世界は対立から協調へと向かおうとしながら、新しい秩序を模索しようとしている。
そんな時代にあって、大切なことは、平和を願う人、1人1人がまず平和は心を作っておくことだ。
戦争も環境破壊も人の心で生み出されてきたものだから。
根本を清めてこない限り、澄んだものを手にすることはできない。
新しい秩序作りに最も大切なものは心であるとの認識に立ち、今年も世界平和の祈りをご本尊さまに捧げよう。

お言葉17 茨木教区便りにリンクしています。

More
[PR]
宗本部から1月の実践目標として示された日々のお言葉16が教区便りに載っていました。

日々のお言葉16 「感謝は形に表さねば、感謝になりません」

「宗祖五行のお諭し」に「感謝の誠を捧ぐべし」とあるように、文字通り感謝は「捧げる」ものである。
有り難いという思いが「捧げる」という形に表され、初めて感謝している事になる。
有り難く思う心が育てば育つほど、何とかしてその思いを相手に伝えようとするだろう。
形に表せないのは、その思いが本物ではないからだと言って良い。
本物の感謝とは、せずにおかれないとする自己の思いの表現で、人に言われたからするものではない。
また、したからと言って、代償を求めるものでもない。

リンク
お言葉16 教区便り
宗務総長さんの日々のお言葉16を考える

More
[PR]
何故先祖供養をするのですか質問 その2

何故先祖供養をするのですか質問 の前回投稿記事について更に考えますと先祖を供養するタイプは3つあるように思います。


講師は先祖の遊びとして鳥を殺す鉄砲うちの因果で娘が病気になったそのために先祖供養をする必要性があるという講話でした。
それについて私は先祖供養をするタイプを先祖の因果で苦しみその解決として先祖の悪業を浄化消滅するために先祖供養タイプ(タイプ名をAとします)

次に供養してほしくて現世の子孫に頼ってくるタイプ(タイプ名をBとします)。
Bタイプの先祖供養のたとえ話の1はウラボンエ経(偽経についてNO1 )の木蓮尊者の話でした。
ウラボンエ経のたとえで木蓮尊者と餓鬼道の落ちた母親とのことで書きまたがこれは木蓮尊者の方から母親の餓鬼道の姿を発見したので母親の苦しみを除くために供養するものでした。

Bタイプの先祖供養にはお宗祖さまが体験された第1世管長様の養父大森慧海さんの祟りの話があります。
第1世管長様が大森慧海さんの養子になって高野山大学で勉強中、吉野川で大森慧海さんが心臓まひでしたか水死されます。
葬儀はされたのでしょうが、第1世管長様は高野山大学に戻られ勉学中、金剛寺に泥棒が入り檀家衆から坊さん派遣を要請され、高野山(真言宗)が新しいお坊さんを指名しました。
第1世管長様、高野大学を卒業され(奈良県吉野桜の名所)吉野の大師堂にお坊さんとして赴任して僧侶をします。
その後縁あって十輪寺の住職になり、子供さんにも恵まれます。
水死した大森慧海さんの祟りでしょうか「過去帳を見て知ったのですから。そやから9月の3日が来たら、子が死ぬや、水にはまるや流されることばかりするのです。」とお宗祖さまも述べられています。
昭和36年12月21日お運び席でのお宗祖さまお諭し(仏の因縁)で大森慧海さんの霊に祟られお宗祖さまの子供さんが毎年9月3日になると水にはまる等の事故に遭遇されています。
大森慧海さんを供養するとそれが無くなっています。

私が「何故先祖供養をするのかの質問」についてこれでは先祖供養と言う考え方が足らないのではと思い先祖供養のタイプをABと設けたのですが、その後さらに試行しますとタイプCがあるように思います。

More
[PR]
村松稔茨木教区長の話

平成21年10月15日号の茨木教区便りに掲載されていました村松稔教区長のお話です。
主管奉仕者に対する奉仕始めの教区長挨拶で、簡潔明快なお話をされた方で、内容も素晴らしく感心しました。
そんな方ですから行きあたりばったいではなく、大事な話が網羅されていると思い転記しました。

昨年4・5月に始まったお形見拝戴、そして今年は宗祖霊顕75年祭を迎えることができました。
茨木教区は1500人以上の方が身目麗しいご本尊さまの御像にお参りさせていただきました。
10年に1度のご奉拝は、私たちの日常の祈りの姿を見ていただくという意味があり、また世界の方をみんな平等にお助けしたいというご宗祖様の願いを受け継ぐものであります。
信者であると、皆救われたい、おかげをという気持ちのある方が多いでしょうが、ご本尊さま、ご宗祖様のおかげの受け方は違うと思います。
先ず五行のお諭しを日常に生かして行くことです。
毎日の生活の中で徳を積み、そして自分自身が変わらしていただくことです。
住吉教区の小村先生は信じきることです。5年も10年も信じきる人は大きなおかげをいただけますとお話し下さっていますが、信じきることをお互いにして(実行)いただきたいと思います。
そして1つ1つの実行として、お運び席に出席する、感謝祭に参加して徳を積む、回向やご祈祷はもちろんしてください。
そして自分の事は充分、他人の事を先に!することが自分の徳になります。
ご本尊様のおかげをいただき我が家が明るくなり、感謝の言葉が家族の中で飛び交います。
信仰することによって、人が変わって行く事が修行していることです。
真心で歩もうとする人をご本尊さま、ご宗祖様は助けてくださいます。
どうか信じ切って、ご家族が発展繁盛されますように願っています。
[PR]
おるおばあさんの因縁

19年礼拝経8講の中で聞きました因縁と因縁を悟るそして善根功徳を積む必要があることのお話です

2) 因縁

その他に良く「因縁」ということをいわれています。私達は、色んな事が起きてきます。良いことも起きてきますが悪いことも起きてきます。
それが必ず原因があてそうなているのやとお宗祖様は仰っています。原因があるから苦しいことがあるのや。原因の結果でそうなるのだ。ですから、身口意によって因縁の原因を作ることもできるし、因縁を解く功徳を積むこともできる。
私達は、どうして功徳を積むかということになります。

More
[PR]
日々のお言葉13 「苦しみのない行はありません」

心の行をする人にとって、生活の場が即道場となる。
ここでは行のカリキュラムはない。
いつ、何をせよと言われるかわからない。
病気やけがは当たり前。
願わぬことが次々と起こってくる。
不測の事態に直面して茫然自失と言ったこともあるだろう。
しかしこれこそ道場長たるご本尊さまが、わざわざ用意して下さった問い掛けだ。
そこから何を学べというのか…………。
これが分かれば、いくらでも自分で行ができる。
逃げ回っていたのでは、看板倒れの信者にすぎない。
逃げられないから苦しいのである。

More
[PR]
日々のお言葉12 教区便りから

日々のお言葉12 「善根功徳行は行うだけでよい。ただそれだけでよいのです」

善い事をすると人に認めてもらいたい。
見返りを期待したくもなる。
しかし、そんな気持ちが、少しでもあれば功徳にならないというのがこのお言葉である。
目的は手段の積み重ねによってしか得られないのだからといって、手段の手間を省くことばかり考えていては足元を踏みはずすことになる。
私心を押さえ、ひたすらお言葉を指針として過程を積み重ねていけば、いつの間にか願っていたものが得られる。
私たちにはできることは何が善かを学ぶこと。
他を責めるための信仰ではない。

More
[PR]
私の信仰についての考え方

前に投稿したお宗祖さまのお諭し 『真実の祈りをする人は最後に勝利する』に関してつぶやいたものです。

まだまだ信仰ついては分かりません。
今までの信仰体験で言える私の考えです。
弁天宗の教理の解釈では、小竹小善さん水の章の教えが一番理解しやすく実践できる教えであると思います。
私のお運び法話の水の章をご覧ください。

支部の感謝祭に参加して、信仰が大事だとお宗祖さまがいわれた。
子供のころおばあちゃん(母親かもしれません)に連れられ祠や神社の神仏に手を合わせていた。
大阪の空襲で焼夷弾を浴び、助からないと言われたが五条に出かけお宗祖さまに助けてくださいとお願いした。
あなたは子供のころ神仏に手を合わせたので弁天様が助けてあげると仰っていますと言われ九死一生を得られた。
その方は大阪で支部を作り教区長になられています。
講師の信仰が大事ですというお宗祖さまの言葉のたとえ話として話されました。
しかし、何が信仰か理解に苦しみました。

母親や祖母の言われるがままに手を合わせることですが信仰でしょうか。
私はその方に神仏を信じる、敬う心が備わっており、よい信者になると弁天様がお見通しになられたから御助けになられたと思うのです。
子供の信仰では、お宗祖さまの集会でのお諭として収録してあります。
おばあさんが、弁天様は偉い神さまだから、マンマンちゃんと手を合せて拝むのよと教えます。
子供は、さっき転んでけがをしたけどそんな偉い神さまだったら何故僕がけがをしないように助けてくれないのといわれ、ああ言えばこう言う手に負えないとおばあさんが言ったそうです。
この話をお宗祖さまが聞いて、弁天様は助けて下さいという人しか助けませんと言われています。
誤字脱字があり12月19日一部修正しました。

More
[PR]
お言葉64 水の章から

お言葉64「すべての原因は自分にある」に関するお話を18年10月22日(日)水の章14講 小竹講師講話の中から抜粋


苦から逃れるための生き方

別な表現では、苦しくなくても今ある状態を「苦」としまして、ズーと置いておきますと、自分の未来において何も変わらないということになります。
力を加えないと今の状態は未来でも今の状態なのです。
少しでも苦しみを乗り越えて喜びに変えようというのが信仰でありますから、何もしないのではなく今の状態に力を加えます。
どんな力かと言いますと生活を変えるという力です。
変化する力です。
どんな力かと申しますと善根ですから、人の役に立つという生き方をするという変化を生活に加えますと、喜びの未来が開けてくるのです。
ですから私たちの未来の生活を作る責任は、自分にあるのです。
お宗祖様の言葉ですが「すべての原因は自分にある」といわれています。
この自分にあるという意味は、済んだことを言っているのではなく、これからどんな未来ができるか。
どんな将来にするか。
その責任の所在はあなたですよ。
あなたがどうゆう風に生きてゆくか、それによって未来が変わってきます。
信者さんの中にはこんな話が沢山でてまいります。
[PR]