ご宗祖さまの物語(6)

都島教区便り平成22年1月号に「ご宗祖さまの物語(6)」と題して教区長優谷壽男さんの記事がありました。参考になりますので転記させてもらいました。
ご宗祖さまの物語(5)の続きです。 
ご宗祖さまの物語(1)の戻ります。

カテゴリーは「講師の回想」に入れます。
優谷教区長はお運び研席の教使でした。
ご宗祖さま物語は、宗祖伝の原稿からのお話ではないかと思い、従って教区便りの記事を転記することにしました。

がっこたてて

清子には忘れられない友人がいた。
その子は脱臼したため足が不自由になっていたので、ことあるごとに同級生にいじめられた。
しかし、何を言われても黙った笑っているようなおとなしい子だった。
その子にとって清子だけが仲の良い友達だった。
そのうち意地悪がエスカレートしていった。
ある日、何人かの同級生が校庭の隅でおしっこをして、その上にいらないものを捨て、さらに新聞で覆い、その子に「ちょっとこれを丸めて捨てて来てよ」と言いつけた。
言われたその子は「ええよ」と言って、新聞に包まれた汚れたものを持って、足を引きずりながらゴミ箱へ捨てに行った。
清子は何故止められなかったのかと悔み、忘れられない出来事となった。
その後、6年生になった歳に突然姿を見なくなった。
吉井家の持ち山であるマツタケ山のすぐ横に住んでいたので、マツタケ山に出かけるたびに思い出すのだった。
時は流れて昭和39年、1世管長と一緒に大川橋を渡っている時、偶然にも再会したのだった。
その友人は宗祖になった清子の噂を聞いて訪問する所だった。
早速庫裡に伴って行き、思い出話に花を咲かせた。
5年生を終えて退学した後、ある酒屋さんに奉公に行った。
2人の子の子守をする仕事だった。
何年かしてそこの奥さんが3人目を出産したが、産後の肥立ちが悪くて亡くなってしまった。
若旦那は「これからどうしたらいいのだろう」と途方に暮れてしまった。
その日も一生懸命赤ちゃんをあやし、おむつを替え、世話をしてくれているその子の姿を見て、他人には任せられないと思った。
上の2人の子も安心してなついている。
この子こそ再婚するにふさわしい人だと考え、若旦那はうちあけた。
このようにして後妻に迎えられたのである。
不自由だった足も、ご主人の勧めで手術を受け完治し、今では健康な人と同じように歩けるようになった。
あの穏やかな人を許す心、どんな人にも尽くす心があればこそ、この幸せを手に入れることができたのだ。
建設中の智辯学園へも多額の寄付をしてくださった。
吉井家ではカイコを飼っており、その世話はすべて母すえが受け持っていた。
これが大変な作業なのだ。1日6回食べる。
それも規則正しく与えないと死んでしまう。
小さい時は桑の葉を細かく爪切りのようなもので刻んでやらないと食べられない。
春から秋にかけて飼うのだが、室温を26度くらいに保たないといけないし、濡れた葉を食べたカイコは病気になってしまい、油断すると伝染して行くのだ。
吉井家の桑畑は、屋敷のすぐ裏の山の斜面にあった。
その季節になると、桑摘みに出る母が心配で授業に身が入らない。
ポツリポツリと雨が降ってこようものなら「先生、雨で母が困っていますから行かせてください」と言って、母のもとに駆け付けるのだった。
母を助けるために、時々学校を休んで桑摘みの手伝いにでることもあった。
時には風の向きによって、学校の方から音楽の授業で歌っている同級生の歌声が聞こえてくることもあった。
すぐ目の下に吉井家の屋敷があり、少し目を左に転ずると手の届きそうな所に学校がある。
そこから聞こえてくる唱歌は、季節がら「茶摘歌」が多かった。
「夏も近づく88夜……」友達と一緒に授業で歌いたいのに歌えない。
清子にとって悲しい思い出の歌になった。
祖母たつが病気になって3か月ほど床についたことがあった。
スエは毎日忙しく仕事に追われているので、たつの看病は清子が一手に引き受けた。
夜中に起きて下の世話をしたり、薬を煎じたり、食事を作ったり、衣類の洗濯をしながら学校に通った。
時には遅刻したり、早退することもあった。
手が空くとマッチの軸で(原文マッチ箱と軸で)人形を作り、何人かの生徒に見立てて並べ、清子が先生になって、人形に喋らせて学校ごっこをしていた。
勉強したいという気持ちを慰めていたのだろう。
その頃、家の大黒柱に
あさおきて、きものきて
おくすりとって、がっこたてて
と落書きをしたのを母すえに見つけられて大変叱られたのだった。
[PR]