タグ:会の親睦 ( 1 ) タグの人気記事

故梅木先生回想録100

御所教会の機関紙「幸真」昭和21年11月1日号から頂きました。

お宗祖様のお話では、故梅木先生は弁天さまがお前に2人の弟子を与えてやると言われ、与えられたお弟子さんの1人です。

故梅木先生回想録99の続きです。
回想録80に戻ります。

当時の弁天講は十輪寺弁天様の護持団体だった。
その頃はまだ弁天宗として立宗しておらず、真言宗十輪寺の本尊とともに併置して祀ってあった弁才天女尊を拝んでおられたので、この弁天様を護持する団体として弁天講が組織された。
各地の信者が地区ごとの集まって、講支部を造っていた。
この講支部が出来ると、講本部は尊女さまのお許しを得て、特別参拝券を交付した。
30軒に対して1枚の特別参拝券だった。
だから講支部員は月に1回この特別参拝券を持って、十輪寺にお参りして尊女のご神示を受けることができた。
これを受けないものは一般日にお詣りして、多数の中で抽選をして当たったものがご神示を受けることになっていた。
この特別参拝券は、講支部に与えられた特典だった。
しかし、南葛郡内は尊女ご母堂の生地だったので親戚も多く、そのつてを求めて一般日に詣る人が多く、講の必要性を感じないので入講しなかった。
私は、これではいけないと思った。
弁天さまや、尊女さまに報恩感謝の心を養う講の組織を広めねばならない。
組織を拡大するには導きをしなければならない。
尊女のお言葉の如く、導き育てることが功徳を積み、因縁を解いていただく道である。
どうすれば多くの導きをすることができるかと考えた。
導きは自分1人の力でできるものではない。
支部の信者の協力を得てこそできるのだ。
そのため支部の講員と親しくならなければならない。
私は早速講員の家を回ることにした。
講の掛け金や講の親睦の目的を説明することを口実に、1軒1軒回った。
自転車に乗って戸別訪問した。
大衆運動のリーダーとして、世間を駆け巡ってきた経験はあるが、その相手は諸官公庁だった。
[PR]