タグ:不平不満 ( 8 ) タグの人気記事

故梅木先生回想録98

御所教会の機関紙「幸真」昭和21年9月1日号から頂きました。

お宗祖様のお話では、故梅木先生は弁天さまがお前に2人の弟子を与えてやると言われ、与えられたお弟子さんの1人です。

故梅木先生回想録97からの続きです。
最初の記事回想録80に戻ります。

信者でありながら、何故講に入らないのだろうか、私は不思議に思った。
色々原因を調べてみると、ご利益はいただきたいが、信者として拘束されたくない。
即ち、負担を免れたい……、という考えだった。
講に入らなくてもご神示は受けられるのだから、講に入って色々な義務を負わされるのを免れたい。
これが本心のだったようだ。
無理もない事で、仕方がないから自分の手で導きをしようと思った。
それから10人ほどの人を導いて22名に達したので、なお不足分は親戚の名を連ねて30名の名簿を作り、南葛支部設置の書類を十輪寺弁天講本部へ提出した。
所が半月たっても、1ヵ月経っても承認されなかった。
尊女があれほど勧めてくださったのに、何故設立が承認されないのだろう。
これなら設立に奔走するのではなかった。
イライラした気持も手伝って尊女にお目にかかった。
「講を作るのに奔走してくださったそうで、書類が出ていると聞いていますが、ちょっと横槍が入って院主(いんげ=住職智祥様)さんも困っていられます。
詳しい事は院主さんに聞いてください」
尊女のお言葉で院主さんにお目にかかった。
「実はある人から南葛支部の承認を待ってくれと言ってきた。
あんたは高田弁天講に入っていたそうですね。
その講元から無断で独立するのはけしからんと世話人をしている人から言ってきたのです。
この人は弁天様の世話人でよく世話をしてくださる人なのでこの人の言うことを聞かなければおさまりがつきません。
それで承認を止めていたのです。
本当に困ったことです」
ご院主さんは気の毒そうな顔をされた。
[PR]
日々のお言葉07 心の中に悪因を作らないように

霊地は心行一体とお宗祖様を過ごせる有り難い体験の場

19年1月6日(土)宗祖伝19講から抜粋しました。
6~8月の暑い時期の研修科の話です。
夕食の時になると1人、2人と食事を抜ける方が出ました。
理由は当時お供えのご飯を炊いたご飯に混ぜて夕食に出し、入寮の研修生が食べていたのですがどうしてもお供えしているご飯が傷み匂いがするのですね。
その傷んだ匂いの晩ご飯が出されるので、1人、2人と食事に来ない方が出てきたのです。
人間ですから100日間には色んなことが出てきます。
食堂のおばちゃんが、お宗祖様に私が一生懸命作ったご飯を食べない信者さんがいると申し上げたのです。
お宗祖様はみんなを集めて注意をしました。
実は梅木先生はご飯を食べていましたが、そこで梅木先生を名指しで注意しました。
梅木先生は食べているのに何で怒られるのかと腹が立ち、お宗祖様に、ご飯を食べてます。
食べてない方は外にいますと弁解しました。
お宗祖様はにっこり笑われて、分かっていますよとおっしゃり、でもあなたは、心の中でいやいや食べているでしょう。
しかも抜けて行く研修生はああ悪いな、こんなことしたら悪いな、しかし私はよう食べられないからといった済まないなという気持ちを持っています。
あんたはいやいやたべてるけれども、悪いと思ってないやろ。
だからご飯を食べてない人よりあんたが一番悪いとお宗祖様に叱られ、梅木先生は畳に額をこすりつけ申し訳ありませんでしたと謝られたそうです。
これはワシの遺言や何か機会があれば話してくれと梅木先生に言われたお運びの講師から聞いて皆さんにお話ししています。
この話は、信者訓戒の「心の中に悪因を作らないように」というお言葉の法話に私は使わしてもらっています。
お宗祖様の側にいれば、お宗祖様から直接ご指導いただけたり、お宗祖様の行動、お考えを見聞できるすばらしい出会いがあるのですね。
3食ともご飯にみそ汁だけという粗末な食事で、朝早くから起きて、夜遅くまで信者のために身を粉にして尽くされるお宗祖様を見て研修生は育っているのですね。
1日中お側で寝起きすればこそ分かることなのですよね。
[PR]
19年2月19日(月) 水の章22講 N講師の法話
(編集項目:ブログ者記)
1 お宗祖様の御廟
2 お宗祖様名弁天様の声を聞き教えを示された
3 汚れありとも、遮りては、流れ止まるなり。(59)
1) 汚れ
2) 流れを止めない
3) 宗団は、先祖供養を勧めています。
4) いい体験談
2 汚れをも受けて、流れは続くものなり。(60)
汚れ止むるに流れ止まれば、手元の清水もやがてはつきて、流れ涸るるなり。(61)
3  交通事故で歩行が困難になる汚れを受けたTさんの体験談
1) 交通事故と不自由な身体
2) 両親に導かれて茨木に詣でる
3) 1回目のお運び終了と就職
4) 2回目のお運び終了と正常な身体を取り戻す
5) 両親の導きに感謝
6) Tさんはまず過酷な運命を受け入れた。
4 大石順教尼さんの話
1) 弁天宗と大石順教尼さんの関係
2) 事件と順教尼さん心掛け
3) あるものに目を向けた生活を悟る
5 先代管長様の苦労と弁天様のお計らい

More 続きを読む
[PR]
平成18年2月25日(日) 水の章22講第5章(2) 小竹講師法話
(編集項目:ブログ者記)
1 去年の秋に勇気を与えられたことが2つ
1) 90才のご婦人の水泳
2) 旭川動物園
2 汚れありても遮りては流れ止まるなり(59)
1) 汚れ
2) 塩鮭
3 汚れをも受けて、流れは続くものなり(60)
1) 汚れをも
2) 信仰とは
3) 不都合なことを受け入れる人
4) 肥料
4 汚れ止むるに流れ止まれば、手許(てもと)の清水もやがてはつきて流れ涸るるなり(61)
1) 手許の清水とは 芦屋の信者さん
2) 物事には良いことと悪いことがある
5 朝顔の話

More 続きを読む
[PR]
昭和37年6月17日発刊妙音新聞54号 水のお諭し(20)

* 水のお諭しはこの回で終了します。
(編集項目:ブログ者記)
第5 不平不満を思うべからずNO3
1) 前言
2) 無条件に善根功徳行をしなさい
4) 善根功徳行には代償を求めてはならない
カテゴリ「法話お諭しの記事リンク集NO1」にある「お宗祖様水のお諭し記事リンク集」を利用して全記事をご覧下さい。

More 続きを読む
[PR]
by nohara4241 | 2008-01-29 10:08 | 水のお諭

昭和36年7月17日発刊妙音新聞52号 水のお諭し(18)
※ お宗祖様は、妙音新聞50号「25年祭を終えて」、妙音新聞51号「新年のご神示」をお諭しされ、水のお諭しは2号続けて休まれています。
(編集項目:ブログ者記)
第5 不平不満を思うべからずNO1
1) 流れをすなおに受けてそれにそって流れなければならない
2) 今、不幸な方は上からの流れを遮っていませんか

カテゴリ「法話お諭しの記事リンク集NO1」にある「お宗祖様水のお諭し記事リンク集」を利用して全記事をご覧下さい。

More 続きを読む
[PR]
by nohara4241 | 2008-01-27 09:26 | 水のお諭
19年2月6日(土) 水の章21講NO2 K講師の法話

(編集項目:ブログ者)
NO1(前項)
1 感謝箱と喘息止め、火災予防、難聴のおまじない
⑴ 感謝箱に関して
⑵ 喘息止めのおまじない
⑶ 火災予防のおまじない
⑷ 難聴のおまじない
2 第5章
3 水は流れてこそ流れなり、遮(さえぎ)れば流れとなるまじ。(56)
⑴ 活動すること
⑵ 積極的に進んで責任を持つ 
⑶ 東京の信者Aさんが奈良駅で野原の信者Bさんと出会った
NO2
4 不平とは、流れを遮ることなり。遮るは流れを止むることなり。(57)
⑴ 不平とは
⑵ 岡山の信者Cさんのメラノーマとの出会い
⑶ 四日市の信者Dさんの前立腺ガンとの出会い
5 流れ止まりては、下に水は流れざるなり。(58)
⑴ 流れを止めない心
⑵ 止めない心を作る。それは肯定する積極的生き方
⑶ 繰り返しが大事です。ご本尊様の御心を見つける経験を積むのです。
⑷ ご本尊さまを見るために繰り返して体験する
⑸ 90才の老女のやろうと思う心
⑹ 三途の川とは
⑺ やろうと気持ちにするかが分かれ道です。

More 続きを読む
[PR]
19年2月11日(土) 水の章21講NO1 K講師の法話
(編集項目:ブログ者)
NO1
1 感謝箱と喘息止め、火災予防、難聴のおまじない
⑴ 感謝箱に関して
⑵ 喘息止めのおまじない
⑶ 火災予防のおまじない
⑷ 難聴のおまじない
2 第5章
3 水は流れてこそ流れなり、遮(さえぎ)れば流れとなるまじ。(56)
⑴ 活動すること
⑵ 積極的に進んで責任を持つ 
⑶ 東京の信者Aさんが奈良駅で野原の信者Bさんと出会った
NO2(次項)
4 不平とは、流れを遮ることなり。遮るは流れを止むることなり。(57)
⑴ 不平とは
⑵ 岡山の信者Cさんのメラノーマとの出会い
⑶ 四日市の信者Dさんの前立腺ガンとの出会い
5 流れ止まりては、下に水は流れざるなり。(58)
⑴ 流れを止めない心
⑵ 止めない心を作る。それは肯定する積極的生き方
⑶ 繰り返しが大事です。ご本尊様の御心を見つける経験を積むのです。
⑷ ご本尊さまを見るために繰り返して体験する
⑸ 90才の老女のやろうと思う心
⑹ 三途の川とは
⑺ やろうと気持ちにするかが分かれ道です。

More 続きを読む
[PR]