18年8月9日(土)水の章9講 小竹祥善講師法話
(編集項目:ブログ者記)
1 慈悲について感じるとき
2 水は美しきものなるも、不浄物も混じりて流るるなり。(16)
1) 水の心は美しい
2) 水鳥も水に浮かぶ訓練が必要です。
3) 私達人間は不浄物であると自覚した生き方
4) ものの見方
5) 世間には他人の心を見抜く力を持った人がいます。
3 穢れ汚れいずれも嫌わずともに流るるなり。(17)
1) 穢れとは、ノギヘンのある通り刈り取った稲が散らばっている状態を表して2) 両方を受け入れる心が水の心でありご本尊様の心
3) 意外と意に添わないことを乗り切って成長しています。
4) 色んなやり方を知り、その中で学んでください。
4 肌を拡げて抱きてともに流れゆくなり、これぞ慈悲なり愍みの心なり(18)
1) 無条件に丸抱えするこころ、底が汚れる風呂敷の包む心
2) 慈悲の心を養う
3) 人間は感受性が強いので、信仰心があれば聞くだけで成長します。
4) 人間心理の実験をして心が廃(すた)れないことを証明した。
5)「衆生の秘」という仏教用語があります。

More 続きを読む
[PR]
# by nohara4241 | 2007-08-20 08:26 | 法話水の章
19年8月11日(土)宗祖伝9講1世管長の生い立ち(3) 田口祥行講師法話

感謝祭は午後3時から本堂で行われ、午後5時から祖霊殿で施餓鬼法要が施行されます。午後7時から吉野川で灯ろう流しを行います。
先祖供養塔婆、灯ろう流しは例年通りでございます。
現在、塔婆と灯ろうを受け付けています。
ご先祖様のご供養は勿論ですが、何かご縁のあった方、無縁の方でもこの方を何とか供養して上げたいと思われる方がありましたら、尊いご本尊さまご宗祖さまのところへお導き下さい。
この霊のお供養もれっきとしたお導きであります。
生きている方だけでなく、亡くなった方の魂を導くのも尊いお導き行でございます。どうぞ力を入れて頂きたいと思います。

9月17日(月、祝祭日)は京阪神地区、諸国の御廟清掃まこと行日です。

彼岸法要は、来月のことですが26日(水)結願日が如意寺です。
午前10時からお運びに続いて行われます。
茨木冥應寺は23日(日)中日です。


幾度となく苦行から逃避しようとした智祥様も、ご両親のいさめにより、修行に励まれました。
小学校を終え、高野山中学林に進みました。
持明院に寄宿し、働きながら勉学されました。
その後、高野山大学に進み、その在学中に、金剛寺住職大森慧海師の養子として、住職となることを定められていました。
ところが、事情があり、金剛寺には本山からの徳名の住職が着任したのでした。

More 続きを読む
[PR]
# by nohara4241 | 2007-08-19 21:46 | 法話宗祖伝
19年8月11日(土) 禮拜經9講十善戒その3 西本祥高講師法話

信者さんから西本さん真っ黒になったねといわれます。
最近吉野川のクリーンキャンペーンという川をきれいにするボランティア活動がありまして参加しています。お盆が近づきますので、家の周辺とお墓の草刈りをしました。8日が立秋で、暦の上では秋になりました。
立秋前に、土用の期間があります。弁天宗では、土いじりや工事は期間中ダメだと教えられています。土用には梅を干しますね。
班長さんの研修会に行かせて頂きましたら、信者さんが田圃の土用干しをするという話をされました。私は知りませんでしたが、土用の時期に田圃の水を抜いて、田圃にヒビが入る位乾燥さしてから水を田圃に入れるのだそうです。そうすると稲の根が深く張り、しっかりした丈夫な稲が育つのだそうです。

More 続きを読む
[PR]
# by nohara4241 | 2007-08-19 21:34 | 法話礼拝経