<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

故梅木先生回想録91

御所教会の機関紙「幸真」昭和21年1月1日号から頂きました。

お宗祖様のお話では、故梅木先生は弁天さまがお前に2人の弟子を与えてやると言われ、与えられたお弟子さんの1人です。

故梅木先生回想録90からの続きです。
回想録80に戻ります。

「あなた、あなた」の声に呼び起こされて、ようやくこの夢幻境から目覚めました。
大変なごり惜しい思いをしながら起きあがった。
「あなたどうしたんですか。ウンウンうめいて床柱にしがみついていましたので起こしました」
妻に言われて気づいたが、うつ伏せになって右手で床柱のすそを握っていた。
「身体が弱っているので、夢にうなされたのだな。でも恐ろしい夢だった」
妻に夢の詳細を話した。
「これはよい夢じゃありませんか。白蛇は弁天様の使いと聞いています。きっと弁天さまが助けてくださるお知らせです。こんなよい話は他人に話さないようにしましょうね。」
「そうだな、あんないい気持ちになったことは初めてだ。弁天様が助けてくださるお知らせなのだろうか」
そう思って希望をもった。
翌日もまた痛む足腰を杖に託して十輪寺へまいった。
ようやく寺にたどりついて、お百度を踏んだが、もう10回も踏めなかった。
とうとう19日の朝になって床の中で体が一寸も動けなくなった。
トイレに行きたいと思うが、はい出すこともできない。
昨日まで痛んでも、どうにか動くことができたから杖にすがって歩いて、十輪寺にまいることができたが、床の中さえ動くことができなくなっては、もう詣ることができない。
あと3日で満願だというのにとうとう詣れなくなってしまった。
「万事休す」
「もう弁天さまにお助け頂くことはできないのだ」
と思うと、無念の涙が溢れ出てきた。
[PR]
男子数え年37才の厄払い方法

古い信者さんから聞いたことがありますが、文章に出合ったのは初めてです。
和泉教区の教区便り102号(平成21年1月15日)に乗っていましたので、よい資料と思い転記しました。
弁天宗の信者は、お宗祖様が教えられたお呪いだけを実践していますので、出所は定かではありませんが、お宗祖様が教えになったお呪いだと思います。

1 男子数え年37才の厄払い方法

男子数え年37才になる節分の日(2月3日)に、石の鳥居のある神社7箇所へお詣りして、自分の家の見えないところに泊まって、歳を取らないで一夜を過ごすと、42才、61才、70才、77才、99才の厄年全部を逃れることができる。

(宿泊地が自宅ではないから歳を取らないと言うことでしょう。歳を取るのは自宅に年神さまが来て、歳をとるという思想からだと思います)

2 散歩先の神社の資料(平成22年の替えました)
⑴ 平成22年の厄年表

神社にあります数え年の厄年表では、男は
昭和61年生まれ→25才、
昭和45年生まれ→41才(前厄)、
昭和44年生まれ→大厄42才(本厄)、
昭和43年生まれ→43才(後厄)、
昭和25年生まれ→61才(還暦)
女性は
平成4年生まれ→19才、
昭和54年生まれ→32才(前厄)、
昭和53年生まれ→大厄33才(本厄)、
昭和52年生まれ→34才(後厄)、
昭和49年生まれ→37才、
昭和25年生まれ→61才(還暦)
となっていました。

弁天宗のお呪いの70才、77才、99才がありません。
弁天宗には前厄・後厄がありません。この辺の理由は分かりません。

⑵ 神社の数え年厄年表の数え年の説明

日本には「0」という概念がなく生まれると1歳で、新年を迎えると年齢に「ひとつ」足しました。
今は誕生日が来ると歳を取りますが、昔は正月に年神さまをお迎えして神様の御霊(みたま)を頂くのが1年の始まりで、その時に歳を取ると考えられていました。

喘息止めと厄年について に戻ります。
[PR]
子供は親を選んで生まれてくる
(カテゴリーはつぶやきではなく先祖供養に入れます)

平成18年か19年の奈良県五條市如意寺で行われた秋(月不明)の感謝祭で、現管長様が、お宗祖様と自己(現管長様)の出生について話し合われたことを法話されました。
過去の記事を、閲覧して探したのですが、どうも原稿がありません。

1 親は子宝を願っても、子供を選べない。子供は親を選んで生まれてくる

その内容はこうでした。
生んでくれと頼んだわけではない。勝手に生んでもらって困っているというようなことをお宗祖様に現管長様が若い頃、申し上げたのではないかと思います。

お宗祖様は子宝が欲しいとは願ったそうですが、あなた(現管長様)が生まれることをねがったことはないと申されたそうです。
そしてお宗祖様は、親は子供を選ぶことはできない。
しかし、子供の方が親を選んで生まれてくるとお宗祖様は申されたそうです。

現管長様はお宗祖様が弁天さまから天啓を受けられたときは4才でしたから、お宗祖様は弁天さまに子宝授与をお願いされたのではないと思います。
当時は十輪寺の住職(第1世管長様)の奥さんでしたから、十輪寺のご本尊さま地蔵菩薩に子宝授与をお願いされたのかも知れません。

生まれてきた子供は、前世からの魂の記憶を無くしていますから、自分が親を選んでこの世に生を受けたことを忘れています。
ですから、生んでくれと頼んだのではない。勝手に生んで、もっと面倒を見てくれ。
お金をくれ。貧乏はいやだ。身体が弱いのはいやだ等と勝手なことをいい悪因縁を積んでいるのでしょう。
私は分かりませんが、現管長様が弁天さまとお話しできるお宗祖様のお言葉として話されましたので、事実であると信じています。

2 出産についての私の意見

私も中学高校時代は、親に生んでくれと頼んだ覚えはないといったような記憶があります。
親子困らせた方でした。

父が生前、私の出生について話したことがあります。
私の母は後妻でした。先妻さんは子供ができなく無くなっています。
父は、子供というか跡継ぎが欲しかったので、宗派は浄土宗西山派ですから阿弥陀様に出生を祈ったそうです。

神様仏様に祈れば出生するのかは、私には分かりません。
しかし、観音経には女性がお願いすると男児女児を出生できるように書いてあります。

弁天さんを信仰して、お宗祖様の体験談というか弁天様のご神示の話を本で読みましたり、信者の体験談を読んだり感謝祭で聞きますと、弁天様は子供を授けてくださるようです。
その方に子供を授かる徳がなければお運びを1年間受講した後だったり、信者の出産祈願を受けて弁天さまが徳分をお貸し下さったり、ご先祖の徳分から差し引き子供を授けてくださるそうです。
弁天さまとお話ができ、神通力で奇跡を起こしたお宗祖様のお話ですから、弁天さまに子宝授与を祈願すると授けてくださるのは真実であると私は思っています。
[PR]
21年妙音1月号の総裁さんの新年の挨拶

1月号の妙音新聞に総裁さんの新年の挨拶が載っておりました。
お茶などの家元になられていますが、弁天宗の文化部の発足が書かれています。
行事等の始まりの項目に入れようと思いますので、妙音新聞から転記しました。

表題「尊しや 去年(こぞ) 今年(ことし)」

(項目:ブログ者)
1 今年の宗祖霊顕75年祭
2 昨年の宗祖生誕100年祭
3 昨年の第18回婦人部大会
4 昨年の文化部の40周年記念祝賀会
5 結言

More
[PR]
21年妙音1月号の宗務総長さんの新年の挨拶

1月号の妙音新聞に宗務総長さんの新年の挨拶が載っておりました。
その中に「母の祈りから(私は)生まれた」という文章がありました。
これは1月の感謝祭での、宗務総長のお言葉と同じようです。
1月の感謝祭で宗務総長のお言葉をワープロ化しようと思いましたが、妙音新聞から転記しました。

表題「母の強い祈りから生まれる。 潤いと希望溢れる社会」

(項目:ブログ者)
1 社会情勢
2 宗祖霊顕75年祭
3 母の祈りから生まれる
4 私はこの家庭に生まれたいと願ったのではない
5 潤いをもたらす母の祈り

More
[PR]
21年妙音1月号の管長さんの新年の挨拶

昨年の感謝祭から管長様が、丑年のこと・宗祖霊顕75年祭・真の心について話されていますが、妙音21年1月15日号に、管長様の新年の挨拶が載っていましたので、転記しました。
感謝祭で「ジタジリ同時」とお聞きしましたが自他同時でした。
この様に聞き違いもあるようですから、転記するようにしました。

心を1つにして団結し、粘り強く進もう(管長さん)  平成21己丑歳 元旦

(項目ブログ者)
1 丑年の特徴
2 宗祖霊顕75年祭と団結
3 みんなが幸せになる真の心の普及

More
[PR]
乳ガンを手術し完治した

18年10月15日如意寺感謝祭での乳ガンを手術し完治したご婦人体験談

(編集項目:ブログ者記)
1 胸のしこりを感じ検査を受ける。
2 検査病院とは別の病院に入院
3 安心できる先生と病院
4 教区の方の支援
5 術後の楽な治療
6 主人の不思議な出来事
7 退院と弁天さんのお手伝い

More 続きを読む
[PR]
by nohara4241 | 2009-01-14 21:29 | 体験談
一 身体の不調から検査受検中 倒れて救急車で入院し動脈瘤がなくなった 80歳の男性

18年6月如意寺感謝祭での体験談

(編集項目:ブログ者記)
1 和歌山の日赤で検査を受検
2 意識不明で救急病棟に入院、心臓と肺に動脈脈瘤発見、心臓・肺・肝臓に問題あり
3 不思議に翌日、肝臓が好転、手術OKになる。
4 心臓と肺の動脈瘤が無くなった。そして退院

More 続きを読む
[PR]
by nohara4241 | 2009-01-14 21:26 | 体験談
離婚しようと何度も思ったが離婚せず夫婦仲よく暮らすことを悟った

18年5月如意寺感謝祭での体験談  老婦人 

(編集項目:ブログ者記)
1 私は昭和34年1月に結婚しました。
2 ご主人と社長の奥さんとの衝突
3 夫の仕打ちと両親の夢
4 お運び終席式での仲のよいご夫婦
5 主人の笑顔

More 続きを読む
[PR]
by nohara4241 | 2009-01-14 21:25 | 体験談
青年隊活動を通じて信仰を反省した青年信者
18年3月15日如意寺感謝祭での体験談
青年隊活動を通じて信仰を反省した青年信者

(編集項目:ブログ者記)
1 会社を辞めずに済んだ
2 信仰態度の反省

More 続きを読む
[PR]
by nohara4241 | 2009-01-14 21:22 | 体験談