カテゴリ:お運びについて( 6 )

足が動かなくなるまでお運びに来なさい

いつまでお運びに行くのか?
耳が聞こえなくてもお話を聞くのか?
の疑問に答えるお宗祖さまのお指図

20年1月6日は今年初めての法話を聞きに五條まで行きました。
1階の祖霊殿が6~70人、2階の護摩殿が100人くらいですが、正月松の内ですから多い方ではないでしょうか。
小寒でこれから寒くなるのでしょうが、お日様が出て暖かいお運び受講でした。

田口先生からお運び受講をすすめたお宗祖様の話しがありました。

最前列にいても講師の声が割れて何を喋っているか耳に聞こえなくなったご婦人にお宗祖様はお運びを勧めたそうです。
お宗祖様に『足が動かなくなりお寺に来れなくなるまでお運びを受講しない』と言われて、そのご婦人は80才近くまでお運びに通われました。
ご婦人は、「何を話しているか分からないのに何故お話を聞きに行かねばならないのですか」と訪ねますと、
お宗祖様は『貴女の魂が心がお話しを聞いているのです。
お運びを続けると重大事柄は必ず神様が貴女に聞こえるように話しをしてくれますから、法話が聞こえなくても聞きに来なさい』言われそれを実行したそうです。
田口先生がその方の娘さんをある男性のお嫁さんにお世話し、男性側から同意があったので、喜び事は早い方がよいと判断し、その耳の不自由なご婦人宅の玄関に早朝着きましたら、玄関から雨戸から全部開けはなされていたので驚いて理由を尋ねると、
そのご婦人は、「午前3時頃、亡きお宗祖様が寝間来られて起こされ、『今日はよいことで人が来るから玄関から雨戸等を開けてお茶を沸かし待ちなさい』と言われて準備をしていた」とのことだったそうです。
いかがでしょうか。聞こえなくても魂が聞いているのだそうです。
又貴女には分かりませんがお運び席の貴女の横に神様が居られますよともいわれたことがあるそうです。
それほどお運びを受講して話を聞くと言うことは大事なことだそうです。
心の行だそうです。
何を言われてもハイという素直な真心を作る育てる修行の場だそうです。
そういう心がけで法話を聞かないと、心は磨かれないし、神様から喜ばれる心を持った人間にはなれない、時間の無駄遣いだと言われました。

補足します。実は昨年から耳が聞こえづらくなり、録音のワープロ化ができなく、しかも支部の感謝祭では、前の席は遠慮していますので、後の席では聞こえづらく、放送設備のない支部の感謝祭への参加をどうしょうかと迷っていました。
魂が心が法話を聞くのですと言われ、恥ずかしくなりました。
[PR]
お運び席の再開について

1 何度でも受講できるお運びコース再開

3月20日彼岸法要で、奈良県五條市如意寺の出かけました。
久しぶりお運びを受講しました。
2回終わっていますので、受講カードはありません。
私は誰が2回でいいと決めたのかと以前にも疑問を呈しました。

お運びを受講していますと、教使の方が茨木(大阪茨木市冥應寺)で2回のお運び受講が終わって、お導きをしないと正規のお運びが受講できないので、聴講生として受講していたことが問題として取り上げられ、検討の結果、今年の4月から、何度でもお運びができるように制度を改正したというお話がありました。
(24回で終席式参加する)

More
[PR]
お宗祖さまの話された「お運びは心を浄化する」

昭和38年4月9日お運び席でのお諭しからお運びに参加して、話を聞くうちに、優しい心思いやりのある心になり、嫁と仲良くなったお母さんの話です。
聞いても聞いてなかなかこのお婆さんのように優しい思いやりのある心になれないので反省しています。業が深いのでしょうね。

More 続きを読む
[PR]

お宗祖さまのお運びを受けても繰り返し不幸が来る人が中にいる

お運びを受けても、繰り返し不幸が来る方がいるようです。
原因は因縁のようです。
答えになってはいませんがお宗祖さまがはっきり繰り返し不幸が来ると仰っていますので抜粋しました。

昭和38年2月9日お運び席でのお諭しNO1から

引き続きまして、皆さん、冷たいのにお運び有り難うございます。
何かあの、このお運びを、みんなさんに実行してい頂くことによりまして、何か明日から皆様の御神示をさせて頂くと、皆さんのそれぞれのいただかれますお陰も一層、楽になるのじゃないかしら。
おかげをいただかれる人が多くなるのじゃないかしらと考えましたとき、大変なんか安心しているような私の気分なんでございます。
で、このお運びと申しますと、いつも、同じことを申し上げるのでございますけど、殆どが人に勧められてお出でになる方と、それからどうしてもその、幾ら見て上げても、幾ら見て上げても、その通りになるのだけれど、その通りお陰をいただくのだけれど。
また、繰り返し繰り返し不幸が泉のように、湧いてくる如くに、また不幸がやってまいります。
その皆さんの一人一人を見ますときに、このお運びとゆうことの私が決めてゆく人も沢山あるわけです。
それで、私びっくりいたしますことは、私自身が御神示をさせて頂いて、10何年も、あるいは20何年も、すべてで24~5年になる人があります。
私びっくりしたことを参考にお話ししていいます。
今日は、色々な話を混ぜてするかも分かりませんが、少し因縁の深さということについて、私のこの何10年の暮らしの間の皆さんのつくづく感じたことを申しますと。………
[PR]
お宗祖さまのお運びについて

昭和37年1月15日のお諭しから抜粋しました。

(項目はそのままです)
6 お運びと迷い
12 皆さんの悩みや苦しみを因縁を解決するお運び
16 お運びをしてもうまく行かないがお運びの徳を積む。

More 続きを読む
[PR]
お宗祖さまの言われたお陰をいただくためにお運びを受ける心の間違い

昭和35年8月17日のお諭しから抜粋しました。

よくお導きでもお運びを受けて助かっただからお運びを受けると助けて頂けると言う話を聞きますが、代償を求めるお陰をもらいたいからお運びを受けるのは間違いのようです。
お運びを受けて功徳を積めば弁天様がなんらかのお陰を下さるでしょうが、お陰を頂ける心を作らないとダメなようです。
このことは「いれものがなくてどうしておかげがいれられますか(51)」という日々のお言葉になると思います。

4 お運びを受ける心

人間て、情けないもので、相当大きなお陰をいただくのがお運びであると既に分かっていても、受ける方が少ない。
このお運びを受けて、1年後試験に合格すると100万円あたりますというのであれば、どんどん来るでしょうね。
私そう思うのです。
そんなんですね。
これは間違った考えだと私は思うのです。
こんなこと考えたこともない人もいるでしょう。けど私はそうだと考えるのです。
こんな陰があると思ってお運びさせてもらったのですが、お陰がないので止めさせて頂きます。
2回ぐらい受けてから、もう既に止めてしまう人もいます。
しかし、お運びを受けるのにその目的を持っていらっしゃる方もいます。
何を願うということはないけれど聞かして頂こう。
1回済んだけれどもそれで寂しいと先ほどの方もいわれました。
いい話ですね。話というよりあの人の心でしょうね。
[PR]