カテゴリ:お百度行について( 7 )

ヤフーブログのお百度行に関する話

ヤフーのブログに『不思議と御陰』という名のブログに「医者から見離さた病気を治したい」で、『行作法(これはこのお寺のお坊さんが説明する方法と相違しますが、私はこれが本当の方法だと確信しています。
なぜなら、この方法は宗祖が直接愛弟子である大川先生に伝えた内容だからです。
ここに記載されている内容以外はお坊さんの説明に従ってください。)』
と弁天宗のお百度の話と子宮ガン、腸ガンのおまじないが載っていますご覧になって下さい。

More 続きを読む
[PR]
お百度のカス踏み

真実一路の年のお宗祖様お話から抜粋しています。

幾らお百度を踏んでの、弁天様は聞いていないと言うことで、お宗祖様の日々のお言葉「
片手で拝みながら、片手で悪いことをする。神様は横を向いておられます。(32)」に通じるのではないでしょうか。

More 続きを読む
[PR]
お百度行についてのある指導

奈良五條と大阪茨木のお寺では、お百度石の配置が異なります。特に奈良五條では賽銭箱の前に数取り棒の台があり、お百度を踏んでいると他の信者さんが数取り棒の台の前を通過します。

More 続きを読む
[PR]
お百度を踏まないと気が休まらない人

昭和37年1月15日のお諭し からのお百度踏みに関するお話の抜粋です。
お宗祖様はご神示等衆生済度のためにお忙しく子供さん世話もできないので、奉仕やお手伝いをされる方がまわりのおられてようです。
その1人で、お寺で御飯焚きをしているお婆さんのお百度の話しです。

More 続きを読む
[PR]
お宗祖様の深夜苦しむ病人を救う祈りとお百度

これは、昭和35年8月17日の感謝祭でのお宗祖様のお諭し中でお宗祖様が話された、ご自分のお百度踏みです。
信者のためにお百度を踏む、この様な教祖様や宗祖様がおられるでしょうか。ご遷神されていますが、神となって又菩薩となって私たちのお百度を見守り、踏んで下さることもあるのです。

More 続きを読む
[PR]
お百度の踏み方、作法

奈良五条市大和本部でのお参りの作法について平成18年2月15日の妙音新聞の記載を参考にしています。
それと私の踏み方を紹介します。

(編集項目:ブログ者記)
1 お百度の踏み方と作法について
1-1 準備
1-2 前礼
1-3 踏み方の身口意
1-4 後礼
1-5 お百度の終了を報告

2 私のお百度の踏み方
2-1 数取り棒
2-2 踏み方
2-3 ご本尊様への参詣の礼
2-4 終わり方

3 お百度行の始まり(宗祖殿12講 田口講師法話)
3-1 第2号の信者さん
3-2 百日日参の行
3-3 遠方の方を救う方法としてのお百度行

4 三業一致のお百度  
4-1 三業一致のお百度(宗祖殿12講 田口講師法話)
4-2 お百度行について(宗祖殿12講 田口講師法話)
4-3 辯天さまのおられる行場(宗祖伝18講田口講師法話)

5 お宗祖様も踏まれた
5-1 お宗祖様のされたお百度踏み(宗祖伝20講法話 北畑講師) 
5-2 懺悔してお百度を踏む(礼拝経4講法話 西本講師)

More 続きを読む
[PR]
お百度行 19年6月23日水の章の法話から

(お百度だから100回踏むことにこだわられているというか、強調する講師のお話です)

十輪寺のお百度の石には、昭和18年と刻まれています。
あれはこの五條の奥にある市内西吉野町湯川(白石)という地区の方が、子宮ガンになって、医者から見放されます。
しかし、お宗祖様は御神示を頂いて100日間日参しなさいと言われ、その方は夫の曳くリヤカーに乗って100日間日参して助かりました。
それがきっかけでできたのがお百度石です。

More 続きを読む
[PR]