神社のお詣り作法 

神社でのお詣りの作法

学文路(かむろ)天満神社のパンフレットから(和歌山県橋本市馬場)

1 鳥居での神社の作法

まず入り口の鳥居のところで衣服を整え、会釈をし、心を引き締めて境内に入りましょう。
(帰る時も会釈が必要です。)

2 手水の作法

① 右手で柄杓を取り、水盤の水を汲み上げ左手に掛けて手を洗う。
② 柄杓を左手に持ちかえ、水を汲み上げ右手を洗う。
③ 再び柄杓を右手に持ちかえ、左手の平に水を溜める。
口をその左手の平の水ですすぐ。
すすぎ終わってもう一度水を左手にかけ洗います。
④ 最期に柄杓を立てて、柄の部分を洗うように心掛け、柄杓を伏せて元の位置に置きます。

※ 左手を洗い、左手に水を溜め口をゆすぎ、柄杓を持ち替え右手を洗い、そして柄の部分を洗う方法もあります。私は柄杓を使い終わったら、滴をきれいに取るために振ることが必要だと思います。
TVの「いってQ」という番組でタレントの有吉某が手水鉢に手を入れてあらい、タレントの内村某が使い終わった柄杓の水を手水鉢に返していました。
構成、修正せずに流すディレクター始め常識のない方が多いと思いました。

3 参拝の作法(2礼2拍1礼)

真心を込めて行いましょう。
まず浅く拝礼し、鈴の緒を大きく振り、次にお賽銭を奉納し、心を澄ませます。
そして2度深く拝礼(背中を平らにして腰を90度に折る)します。
次の2度拍手(両手を胸の前で揃え、祈念を込めて右指先を少し下にずらし、肩幅に両手を開き、手の平を打ち合わせる)をします。
最期に(2度目の拍手後両手の指を揃えて)1度深く拝礼をします。

ある神社では、2礼2拍1礼ではなく、2拍して2礼2拍1礼する参り方をしていますのでおどろきました。

[PR]